忍者ブログ
これが右上に見えてきました。
+カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
+最新コメント
[04/05 Δwing]
[07/09 Tαkё]
[07/04 CoCoHa]
[07/03 Tαkё]
[07/03 Tαkё]
+ブログ内検索
+バーコード
  1 2 3 4 5 6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

涙腺が緩くなったのは、高校のときからだったか。
涙してもホロリ、程度のことだった映画も、
今では汗のようにむせび泣く有様になってしまった。



「翠風の光」

最近はこの曲ばかり聴いている。
サークルの引退を飾る大曲。吹き切れるかどうかすら怪しい。

定期演奏会まであと1か月強。
もうこれだけしか残されていない。


この曲を聴くたびに、
ステージ上の自分を想像してしまう。

熱いスポット。舞台上の仲間たち。
曲の場面ごとに、吹いている仲間たちの顔がひとりずつ浮かんでくる。

同時に、ひとりひとりにまつわるエピソードが蝋燭の火のように映る。
あいつとは、こんなことしたな。一緒にこんな曲も吹いたな。

俺は吹奏楽をずっとやってきたが、レベルがまぁまぁの中学と、ダメダメな高校だった。
うちのサークルも決してレベルが高いわけではないが、
少なからず、「俺がいちばん吹ける」状況にはなかった。
それが嬉しかった。音楽性をぶつける場所としては、特に俺の学年は恵まれていたように思う。

だから、俺はいい思いをしてきた。
みんなのおかげで、素人ながら、いい音楽生活を送れた。



幸せだ。



――そんなことを考えているから、
音楽聴いてるだけで嗚咽を漏らす羽目になるんだ。
まったくしょうがないな、俺は。もう何回目だろう。



みんなへの感謝を自信を持って伝えられるくらいの演奏を目指したい。

できることはして、引退したい。

そう、誠実に唄う。










色々、体制に問題があるかもしれないけど、
ごめんだけど、俺は、このサークルが好きです。
幹部とかじゃないから言えるんだろうけどさ。
PR
夏が来た。
つまりは、新アニメも開始されましたね。


今季は主だって見たいものがない、なんて言ってはいましたが、
結局新たに3本は見たいという状況。

視聴していたもので6月で終了したものは
えーと、1、2・・・5本。結構終わったな。

しかし、現在友人に勧められているものを見るとなると
普通に5本戻ってくるな、、いや、全部は見ませんが。

というか終わったアニメで見たかったものを徐々に見てもいいかなあと。

今季は「屍鬼」に注目しています。
漫画版の絵、独自の雰囲気をノイタミナ枠なら存分に発揮した作品になるのではないかと期待。
実際1話を見ましたが、wktkしています。

なんて、すごくどうでもいい話ですね。
はいw

アニメの「鋼」が

終わったああああああああああああああああああああああああああああああああああ

うわああああああああああああああああああああああああああん

もおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

うわあああああああああああああああああああああああああああ

くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」




ここ3週間は少し忙しかったのと、タイミングを逃していたのもあって、
(というのは、わたくしがこのアニメを結構真剣に見るので、見るに当たっても
ある程度の気力が必要なんですww)
3話分くらい見ていなかったので、今日の最終回の放送を前に
全部見て補完したんですけど・・・


ヤバい


目 か  ら 賢 者 の 石



原作を読んで展開を知っていただけになおさら、
先々週のアルの魅せ場が近づくだけで涙腺が緩んでいく始末。
京アニのゆる系アニメよりも緩い、間違いない。

それがピークかと思ったら、
先週のホーエンハイムに完全にやられた!

原作が結構急ピッチで、
エピローグがかなりあっさり描かれていたのに対し、
アニメではおそらく監督あたりがホーエンはお気に入りという印象なので、
展開にオリジナルに要素を多分に含ませながら、
「一人の父親」を描き切ってくれました。

ちょっとこれには目の蛇口が開きっぱなしでした。
しかもエンディングも全部ホーエンMADみたいにするとか反則だろ・・・!
多分、「鋼」で一番の苦労人のキャラでしたから、
自分としては原作は淡泊すぎたんでアニメの表現に感謝です。



そうして、今日の最終話を迎えたわけです。
すごく名残惜しい、寂しいような心持ちでTVに正対した30分でした。

原作を読む限り、残されたエピソードにそこまでわたくしの
水分を浪費させる要素はないと思っていたのですが、

音楽とのコンボや、微妙に物哀しい演出でウルっとさせられました・・・。
千住明の音楽、とても素晴らしかった・・・!

「告白」シーンはもう、原作を何度も読んで何度もニヤニヤしてるというのに
もどかしいわ恥ずかしいわ応援したくなるわ・・・

ラストのエンディングに「ホログラム」をチョイスしたのも良かった!
大団円と新たなる旅立ちを予感させる良い締めくくりでした。




ひとつの時代が終わってしまった――

そんな風に満足感と寂寥感を抱えながら
茫然としていると、ほんの5秒ほど、
信じられない文字が目の前に現れました。




劇場版、制作決定!!




なん・・・だと・・・?
劇場版・・・だと・・・?

まだ終わりじゃない、
そう思うと、何やらわけのわからない興奮が沸きあがってきました。
うん、これで飯3杯はいける!!

どのような形でやるのか・・・
原作も終了し、すべてのエピソードをアニメ化しただけに、
続編か旅中のエピソードか、なんらかのオリジナルになるんじゃないでしょうか。

いずれにせよ楽しみです。今後の情報に期待ですね。
願わくば、続編を期待します。
原作が完成しているので旅のエピソードをやっても話としては完結しませんし・・・。
まぁ前評判がどうなろうとわたくしは見に行くでしょうねww


はいはーい、なんていうか気分が気分なんで、
ブログを更新することにしたよ。

もはや放置しすぎで誰も見ていないという説が濃厚なので、
もし運良くご覧いただけた方にはオプーナを購入する権利をあげましょう!
・・・え?いらない? いやいや御冗談を!


とは言え、別段書くこともないんですよね。
約1年放置してきた当ブログですが、実は非公開の記事があったりなかったり。
あるいは諸事情により非公開にした記事があったりなかったり。


1年ほど前に某SNSに遂に入会したのがきっかけなんですけどね。
かと言ってそちらに日記を書いていたわけでもないのですけどw



まぁぁぁ、このブログを頻繁に書いていた時期は色々ありました。
自分としては、このブログがその苦労を彷彿とさせなくもないので、
少し逃げていたんでしょう。



あれからようやく前向きになってきたというか、
まぁ、実質ブログを始める以前よりも自分自身は劣化する形にはなりましたが、
それでも少し上向きになれるんじゃないか、と思えるようになったというか。


そんなこんなで
意味の分かる人がいるのか、
自分でさえ意味を理解しているか、
の怪しい記事ができあがるわけです。



という意味分からん記事は、SNSでは書く気がしないので余計にこちらに書きたくなるわけです。
とりあえず、あまり復活させる気のなかった 半永久的な眠りに就いていたこのブログが
再び生命の息吹を醸すことになるくらい、声を大にして叫びたい出来事があったわけで。(ただし少し前)


とりあえず、こんな小さい自分に好意を持って関わってくださる家族や友人、みんなに感謝したいです。









と、まとめてみましたが、
次の更新はいつになるやら。

とりあえず、鋼の錬金術師が最終回でマジ涙目です。
ていうか泣きましたw
なんだか、意外な人にブログを発見されて恥ずかしいな///

という気分ですが、まぁ何のその。


どうも、Tαkёです。





ちょっと文句みたいなことを書きます。


先日、
アニメ「BLEACH」の最新226話を見たんですが、


もうひどいのなんの


「ONEPIECE」しかり、「NARUTO」しかり、
長期に渡るアニメ作品は必ず原作に追いついて、オリジナルストーリーを挟んだり、描写を増やして展開を遅くしたり、いろいろ苦労してgdgd続けていかなければならないわけで・・・

BLEACHも例外なくそれに当てはまっているわけです。



そもそもわたくしが今回見ようと思ったのは、話のタイトルが

「激闘集結?新たなる戦いへ!」

だったので、
これ打ち切り?うはwww
とか思いながら見てたのですが、

エンディングが来ても「終結?」らしきものがない。
疑問を抱きつつ予告を見てようやく理解。

どうやら原作準拠のストーリーからオリジナルに移行するということだったのです。


しかし、どう考えても話に「一応」すらのキリがまったくついておらず、明らかな投げ出し。

しかも予告での主人公と大敵との会話を聞くと、(一部カット)



主人公:苺「いくぜウルキオラ!覚悟しやがれ」

敵:ウルキオラ「待て、クロサキ苺。どうやら邪魔が入ったようだ」

苺「どういうことだ?」

ウル「この戦い、一時中断させてもらう」

苺「なんで急に・・・」

第三者A「大人の事情っす」

ウル「大人の事情ならしかたない。出番が来たら呼べ」



なん・・・だと・・・?

リアルに言いそうになりました。

自分は「パロディ」とかシュールギャグの類はかなり好きなので、「大人の事情」をネタにしたものは歓迎するのですが、
それでもこの自虐というか開き直りはどうよ?
と、アニメにはなかなか抱かない否定の感情を珍しくあらわにしました。


アニメは二次創作なので、原作通りでいい、とは自分は思っていないので、アニメならではの部分があっては良いと思いますが・・・
原作がかなりgdgdなだけに、アニメもgdgdになってしまうし、それをぶつ切りにしたらさらにわけのわからないことになってしまうし、1or2クールもメインと関係ない話でメインを分断って、そもそも・・・


みたいに色々考えてしまいました。
まぁ、制作側が大変な思いをしているのは分かるんですけどね。



そんなわけですごくどうでもいいことを書きました。
まぁ、ブログとか某コミュニティサイトの日記なんてそんなもんですよね。
TOP

忍者ブログ × [PR]


Produce by Samurai Factory Inc.